FC2ブログ
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kattie

Author:kattie
こんにちは、kattieです。

好きなこと
スポーツ・マンガを読む・絵を描く・ギター・カラオケetc

HP(リンクフリーです。貼ってくれると喜びます)
katties_atelie.png

メールはこちらから

[旅行記事リスト]

最新記事

カテゴリ

リンク

sugichannel.png ・・・すぎちゃんのブログ。絵が中心です。
 
double_D.png ・・・双子座男性KKGのブログ
 
upper_ground.gif ・・・漫画家わたらいさんのブログ
 
pattie_banner.jpg  ・・・妄想英会話botパトリシア
 
welcome_to_junkland.jpg ・・・yukiさんのブログ。料理のことが中心です。
 

ブログランキング

ぽちっとお願いしますm(__)m
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ☆訪問者数☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク

月別アーカイブ

中欧ぶらぶら 6日目~Hallstatt~

2011.10.29 23:30|日記
「やばい!お土産買ってない!!!」


帰国してお土産を買い忘れたことに気づく、そんな夢で目を覚ましたのは午前3時。

それからしばらく日記を書いたりしていたのですが、6時前にやっぱり眠くなって二度寝。


1時間ちょっと寝て8時にホテルを出発です。




この日の目的地は世界遺産のハルシュタット。

サウンドオブミュージック(←見てない)のロケ地であるザルツカンマーグート地方の町です。

なんでも世界一美しい湖畔の町だとか。



日本では降水量や台風の問題もあって、水辺ギリギリの町ってない気がします。

だからハルシュタットの写真を見た時は、「すごい!これ沈まないの!?」ってびっくりしました。

いかにもヨーロッパの山間の町って感じ。楽しみだー♪


この日もザルツブルクは雨でした。

でも今日の予報は「曇り時々雨」だから、ハルシュタットに着くころには止んでるかも、止んでて欲しい。

そう願いながらザルツブルク中央駅へ。



ハルシュタットへはまず特急電車でWien方向へ1時間弱。

Attnang-Puchheimという町で乗り換えてまた1時間南下します。


バスで行くっていう方法もあるんだけど、行き帰り違う経路を通りたかったのでとりあえず行きは電車です。



特急列車の座席はボックス席オンリーで、1部屋6人用。1等席はもっとゆったりしてるのかな?


この時は、おばあちゃん2人と同じ部屋でした。


「どこに行くの?」

ドイツ語でたぶんそんな感じのことを言われたのだと思い、

「ハルシュタットへ」


俺がわかるドイツ語はあいさつの言葉と「ありがとう」、「愛してる」、「私は疲れています」、「ちょっと休みましょう」といったフレーズのみ。

もちろん会話になんてなりません。

ニコニコしながら「あーうーあー」と言ってました(笑)

飴玉ももらいました。


日本で知らない外国人と向かいの席に座った時、言葉も通じないのにこんなに優しくできるかなぁ・・・

たぶんできないよなぁ。できる人になりたいな。

ポカポカしました。


おばあちゃん達とはAttnang-Puchheimでお別れして、一人ハルシュタット行きの電車に乗り換えです。


今度は快速電車。


田舎へ向かう電車だからでしょうか?車内はガラガラ、車両1つ貸し切り状態でした。


車掌さんに切符のチェックしてもらうとき、

「ぐーてんたーく!」

って言ったんだけど、無言でちょっと怖かった(・ω・`




山や湖を見ながら電車に揺られること1時間。

ついにハルシュタット駅に到着です!



ここハルシュタットは少し珍しい駅で、駅と町が湖を挟んで反対側にあるんです!


町を真正面から見ながら、ボートで湖を横断。


うーん、びゅーてぃふぉー!・・雨ガジャマダケドネ
RIMG0987.jpg


10分かそこらで湖を渡って、

町に着いてもう1枚パシャリ
RIMG0993.jpg


町自体は小さくて観光地になっているので、すごく歩きやすかったです♪

可愛い雑貨に可愛い家。

ウィンドウショッピングをしながら町外れまで散歩♪
RIMG0998.jpg


RIMG1014.jpg

町の中心地
RIMG1012.jpg

ここで日本アニメが好きだというおじさんに会いました。

おれも好きだと言ったら大喜び♪

マジンガーがお気に入りだそうです。うーん、見てないなぁ(笑)


斜面の家ってなんかイイよね
RIMG1034.jpg


日本語!ここが元祖です!笑
RIMG1046.jpg



町の外れまで来たのには、実はちゃんと目的がありました。

バス停です。

そこからバスで「クリッペンシュタイン」というとこまで行くつもりでした。


クリッペンシュタインにはケーブルカーがあり、標高3000mまで上がれます。

そして断崖絶壁から空中に伸びる5本の板、「ファイブフィンガー」なるものがあるらしいのです(`・ω・)b

高いところはそんなに得意じゃないし、目がくらみそうだけど・・・


日本じゃそんな危険な施設に行けないでしょう!行くっきゃない!


それにロープウェイの途中にはマンモス洞窟と世界第4位の広さを誇る氷の洞窟があるらしいですしね♪

洞窟大好き!




さてさて、そのクリッペンシュタイン行きのバスはと言うと・・・


1時間半後かー(・ω・`


どうしよう、、、

帰ってくるときは夜になってる気がするぞ・・・

モットハヤクホテルヲデルベキダッタ・・・・



行くにしても諦めるにしても、とにかくバスは1時間半来ません。


しばらく町をぶらぶらしながら考えることに。



その間にオーストリアの名物、ウィーナーシュニッツェルを頂きました。豚肉に小麦粉つけて揚げたものです。
RIMG1043.jpg


ここでファンタを飲んだのが間違いでした。


ただでさせ気温が低く、雨に濡れて体温が下がっているところに


冷えたファンタ



ガクブルデス。ガクガク、ブルブル、デス。


周りを見るとツアー客やカップルが楽しそうに食事をしている。

一人で震えながらご飯を食べているのなんて自分くらい。。。


そう思うと、なんだかつらくなってしまい・・・


「こんなに寒いのに標高3000mなんて行ったら死んでしまう。諦めて帰ろう・・・」


言い訳をするような形でハルシュタットを去ることになりました。


さよなら、ハルシュタット・・・
RIMG1064.jpg


せっかく楽しみにしてたハルシュタットに来たのに、こんな気持ちで帰るなんてなぁ・・・


再びボートに乗ってハルシュタット駅に戻ると、無人駅なので券売機がありません。

仕方ない、車内で買うか・・・


以前の日記で書いたと思うんですが、オーストリアでは(というかヨーロッパ?)車内で買うと割高です。

初の車内購入。

まぁ数ユーロくらい仕方ないか・・・


そう思って車掌さんを待っていると、

やってきたのは、、、なんと行きの電車の車掌さん!!!


!!!

そうか、、、この電車、この区間を往復してるんだ!!

行きがけあいさつを返してくれなかった車掌さん。

苦手意識を植えつけられています。


更に、

「え・・・10ユーロも高いの・・・?」


挙句の果てに
RIMG1080.jpg
晴れ間がのぞいてきた。

もうちょっと早く晴れてくれよ・・・・




モウダメデス。

1つ1つは些細なことだけど、気付いたら疲れきっていました・・・



疲れた・・・

何か音楽聴こう・・・



そのとき選んだのは坂本真綾さんのライブCD。

大好きなメドレーからポチリ。



しばらくウトウトしながら聞いてるうちに、次第にネガティブな感情が薄れていきました。


歌は心を潤してくれる、ですね。


その後はいろんなことを考えてました。

ザルツブルクに着くまで時間はあるし、電車の中は考え事するのにちょうどいいです。

これからの旅程でやりたいこと、日本に帰ってやりたいこと。

忘れっぽいから片っ端からノートに殴り書いて。


気付いたら前向きな考えで頭の中はいっぱい。



Attnang-Puchheimからザルツブルクまでの電車ではカッコイイ車掌さんに会いました。

笑ってないけど威圧的じゃない、紳士!って感じのお兄さん。


「ダンケ・シェーン」っていう言い方が凄くカッコよくて、危うく惚れてしまうところでしたw


老夫婦が荷物を忘れたまま電車を降りてしまったのですが、それにすぐ気付き後を追って


焦って走るでもなく、かといってゆっくり歩くわけでもなく。


おじいさんに荷物を渡すときの笑顔が印象的でした。




こうやって振り返ってみると、この日も全く悪い日ってわけじゃなかったなって思います。


またいつかオーストリアに行くことがあれば、もう一度ハルシュタットに行きたいです。


今度は誰かと一緒に、晴れの日に(笑)



―6日目終わり―
スポンサーサイト