09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kattie

Author:kattie
こんにちは、kattieです。

好きなこと
スポーツ・マンガを読む・絵を描く・ギター・カラオケetc

HP(リンクフリーです。貼ってくれると喜びます)
katties_atelie.png

メールはこちらから

[旅行記事リスト]

最新記事

カテゴリ

リンク

sugichannel.png ・・・すぎちゃんのブログ。絵が中心です。
 
double_D.png ・・・双子座男性KKGのブログ
 
upper_ground.gif ・・・漫画家わたらいさんのブログ
 
pattie_banner.jpg  ・・・妄想英会話botパトリシア
 
welcome_to_junkland.jpg ・・・yukiさんのブログ。料理のことが中心です。
 

ブログランキング

ぽちっとお願いしますm(__)m
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ☆訪問者数☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク

月別アーカイブ

原付きぶらり一人旅~2日目~

2011.08.03 07:19|旅行
昨日、学生生活最後のテストを受けました。


最後のテストがあんなだなんて・・・

想い出に残るクソテストでした(^ω^



そういえば友人に、

「地名言われてもどこかわからん!」

と指摘されましたので地図を載せることにしました。


まず1日目の地図
原付き旅行地図1
(画像クリックで拡大図見れます)

2日目
2.jpg

拡大①

拡大②





ではでは旅レポ2日目にいきまそう!




☆2日目☆


昨夜は友人の家に泊まらせて頂いたのですが、翌朝はだらだらとさせて頂き、結局昼前に出発しました。

今日の目的地は五家荘(ごかのじょう)と五木村


なんでも、壇ノ浦で敗れた平家が逃げ延びた里であるらしく、かなりの山奥にあります。




五家荘を目指す途中、こんなものを発見しました。
RIMG0101.jpg

【日本一の石段】3333段あるらしいです(・ω・;


早速私も挑戦です!
RIMG0107.jpg

300段登ったところで思いました。

「これ、登ったら旅に支障が出るな(肉体的にも時間的にも)」

ということで諦めることに


ちなみに駐車場が有料のところしかなかったので仕方なく(隅っこに)とめていたのですが、

「止めたばかりでしょ、お金はいいですよー」

と言って頂き、無料になりました(^^



再び五家荘を目指し出発



吊り橋
RIMG0170.jpg




もはや人工物が道路とガードレールしかないような山道をグングン進むと、
RIMG0177.jpg


山奥に集落がありました!!!
山奥の村

RIMG0207.jpg


「こ、これは・・・隠れ里やー!!!!!」

正直かなりびっくりしました。

山奥にこんな大きな集落があるなんて(・ω・;


すっかり都会っ子(笑)の私には考えられない生活をしてるんだろうなぁ、とか思ったり。

でも子供のころは移動範囲も限られてたし、子供は意外と同じような生活をしてるんかなぁと思ったり。


新妻エイジもこんなところに住んでたのかなぁと思ったり←

あ、エイジは集落から離れたところに住んでたんだっけ。まぁいいか

【地図(二日目)の拡大図①(四角で囲ってあるところ)】
拡大①


色々妄想しながら更に進むと、

滝はっけーん!

【せんだん轟(せんだんとどろ)】
RIMG0235.jpg

せんだん轟

なんでも平家の方々は、滝のことを「轟(とどろ)」と呼んでいたとか

確かにとどろいてますねぇ(・ω・



滝を通りすぎるとこんな吊り橋が
RIMG0274.jpg

吊り橋から吊り橋が見える、珍しい吊り橋でした


更に山奥に行くと、

ついに平家の里が!!!
RIMG0280.jpg

RIMG0282.jpg

「え?ここ登って行くの?」

まぁ平家の逃げ延びた里ですからね。分かりにくいところにあるんですよね。




階段を登ると(途中から階段無くなったけど)、

平家の里が!!!


まず驚いたことは、受付のねぇちゃんが意外と若い(笑)

赤ちゃんをあやしてました(和んだー)




で、その平家の里の写真
RIMG0293.jpg

「逃げ延びたのに豪華すぎんだろ!」

と、突っ込みたくはなりましたが

まぁ元貴族

こんなとこに住んでたんですかねぇ


ちなみに庶民の家?は茅葺き屋根
RIMG0287.jpg





平家の里を堪能した後は、本日2つ目の目的地

「五木村(子守唄の里)」



そろそろ夕方なので、多少急いでます。

日が沈むまでに山を抜けたいので(・ω・;



急いではいるものの

川があまりに綺麗で・・・
RIMG0306.jpg

パシャリパシャリ
RIMG0331.jpg

どの写真載せようか悩んだ結果、

選びきれなかったので全部載せることに←
RIMG0332.jpg

RIMG0333.jpg

RIMG0334.jpg

下に降りてちょっと入ってみましたが、ものすごく綺麗だった(ω`*)



平家の里を出てからは、国道に乗れたということもあり

わりとすんなり五木村に到着
RIMG0343.jpg

以前の記事でも書きましたが、

この村にはダムができるはずだったらしいです。

村民の力でそれを食い止めたのですな(`・ω・)ノ

当然この村では「ひぐらしのなく頃に」を思い出してましたよ←




村にあった石像
RIMG0344.jpg

石像2
RIMG0347.jpg

石像2のタイトルは「ママ会いたかった」
RIMG0351.jpg


なんかバックグラウンドを想像してしまいますね。コエェヨ…





以上で本日の目的は達成です!


長文駄文、ここまで読んで頂きありがとうございました!!










その後無事山を越え、人吉温泉につかりました♪



綺麗な温泉(旅館の温泉だから当然か?)で、気持ちよかったです♪


温泉につかった後はようやく晩御飯

@ジョイフル(笑)


ごはんを食べてちょっと仮眠をとってると

「DQNが、現れた!」

「DQNは、携帯でしゃべり始めた!なぜか店内をウロウロしながら話している!一か所に留まれ!動くな!」

「DQNはお台場で働いているらしい!アパレル系だ!」

「DQNは最近めっちゃ歌が上手くなってるらしい!DJとかやりたいらしい!クラブでチョー歌いたいらしい!」

「ガチでDJやりたいらしい!」

「DQNは語尾に『~っすよ!』とつける(しかも強調)!」

「DQNは『ヤバクないっすか!』を連呼!語彙それしかないんか!」

「ちなみに話相手はDJのダイチくん」

「ダイチくんはおっかないらしい。だからDJやりたいってめっちゃヨイショしてたようだ(電話後の会話より)」



あーDQNうざかった



1時間ちょい仮眠をとり眠気も吹っ飛んだので、ゆっくり明日の目的地(高千穂)を目指すことにしました。


夜の運転は涼しいし、車もいないし(今日は晴れてるし)、楽しいです♪

もちろん超安全運転ですよ(`・ω・)ノ

星も綺麗で、思わず道路に寝転がって天体観測してしまいました(ω`*)
(BGM:君の知らない物語・星が瞬くこんな夜に/supercell)










ここまでは楽しかったんです


流れ星も見て、「楽しんでますよー」とツイートしてから夜が明けるまでの2時間弱








私は、峠を越えていた

拡大図②
4.jpg


いつの間にか道路から中央線が消え、

車がすれ違うのが厳しい狭さに


更にガードレールが消え、

運転を誤れば落下するのみ


民家はとうに見当たらず


野生のシカにも遭遇


「あ、これ原付き動かんくなったらアウトや」



もうね、今までで一番怖かったよ・・・

肝試しとか結構平気なんだけど、

肝試しを2時間近くしてた感じ・・・


しかも何もないから、頭の中で怪談めいた話を考えちゃうわけですよ


峠超えてる途中に稀に民家があるんですが、

その民家が逆に怖くてね・・・






知ってますか?

日本では今も年間10万人ほどの人が行方不明になっています。

なんでこんなに多くの人が行方不明になっているんでしょう?


ちなみに身元不明死体は年間1万人に満たない程度です。


つまり

10万人のうちの大部分は身体ごと完全に消えているのです



いったいこれだけの人数がどこに消えているのか・・・


自らの意思で失踪している人もかなりいるでしょう

事故で回収不能な人もいるでしょう


でもそれでも

「神隠し」

にあってる人も結構いると思います。


誰が隠しているんでしょうか?



それはもちろん人間ですよね



もし今ここで私が○されても、

この崖から捨てれば分からない。ダムに投げ込んでも分からない。お腹の中に入れられても分からない。



これで行方不明者の一丁あがり!ですよ



怖いのは霊より人間だよなぁ・・・




と、根拠のない妄想に震えながら原付きを走らせました(笑)


途中で長いトンネルもありました。

トンネルとかは霊的なものが集まりやすいらしいし、入る前は怖かったのですが

入ってみると、あら快適

ぐにゃぐにゃ曲がってないし、明かりはついてるし、壁もあって落ちる心配ないし



トンネルっていいもんだな

昼は涼しい、夜は外より暖かい



峠を一つ越えたあたりで見つけた「ひえつきの里」
RIMG0369.jpg

「里」って書いてあるのに周りに何もないし!こりゃーひえつく!



更に進むと、「椎葉村」なる村に着きました


もうこの時点で民家恐怖症です

怖すぎます


時刻は4時ごろ


「夜が明けるまで人間出てくんな」

と願いながら進みました



ちなみにこの椎葉村

平家の里の裏側にあたるらしく、こちらも平家が逃げ延びた村らしいです。









午前5時ごろ?ようやく空が白んできました


「あぁ、たすかった・・・」


何から助かったのかはわかりませんが、この安心感


お日様すごい!太陽万歳!



ここまで緊張しっぱなしだったので、ドッと疲れが襲ってきました

居眠りして事故でも起こしたらシャレにならないんで、


道路わきの開けた場所に銀マットを広げ


ひとときの眠りに落ちたのでした




-二日目・終了-






『以上で本日の目的は達成です!』

からが長いww

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございましたm(__)m

暇がありましたら旅レポ3も読んでください。(明日の夜か明後日にでもアップします)


スポンサーリンク

コメント

後半が怖い話しやったね(笑)

GJ

108>
マジで怖かったんだよぉ(;ω;

KKG>
なんか分からんけど褒められた!やったね!

1、2年の頃にあの階段をK富やO部さん達と登ったわ~懐かしい!!

いけ>登ったんやww見上げただけで登る気失せた(笑)
非公開コメント