09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kattie

Author:kattie
こんにちは、kattieです。

好きなこと
スポーツ・マンガを読む・絵を描く・ギター・カラオケetc

HP(リンクフリーです。貼ってくれると喜びます)
katties_atelie.png

メールはこちらから

[旅行記事リスト]

最新記事

カテゴリ

リンク

sugichannel.png ・・・すぎちゃんのブログ。絵が中心です。
 
double_D.png ・・・双子座男性KKGのブログ
 
upper_ground.gif ・・・漫画家わたらいさんのブログ
 
pattie_banner.jpg  ・・・妄想英会話botパトリシア
 
welcome_to_junkland.jpg ・・・yukiさんのブログ。料理のことが中心です。
 

ブログランキング

ぽちっとお願いしますm(__)m
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ☆訪問者数☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーリンク

月別アーカイブ

中欧ぶらぶら 4日目~Salzburg~

2011.10.26 08:13|旅行
2日間楽しんだウィーンを後にして、今日はザルツブルクに移動です。

実はこのザルツブルクが今回の旅行で一番楽しみでした(・ω・)♪

理由は

①ザルツブルク旧市街は世界遺産

②近くにザルツカンマーグート(サウンドオブミュージックの舞台として使われた)とハルシュタットという世界遺産がある

③近くに世界最大の氷穴がある


特に③!

それからお気づきかもしれませんが、今回の旅行では世界遺産を中心に回っております(・ω・)







この日は朝から雨が降っていて、最高気温も一気に10度下がるという予報。

早起きしてベートーベンの小道に行こうかと思ったけど、雨降ってるし寒いしで断念しました(・ω・`


雨は気になるけれども電車に乗ってしまえば関係ない!

ウィーン西駅から特急列車に乗って目指すはザルツブルク!



特急列車、これがまたすごくきれい!

そして快適!

椅子の頭をもたれさせる部分が自動車の椅子みたいに上下に動かせるし(伝わるかな?)、

形状も良くて楽なんです(・ω・

これだったら長距離列車の旅も楽しくなるよね♪もともと電車の旅好きだし(笑)



電車に揺られて3時間

あっという間にザルツブルク!


オーストリアtoメルク

またメルクに行っとるやないかーい!ってすみません、後で書き直します。






ザルツブルクに着き、電車を降りた瞬間寒くて泣きそうでした。

オレ半袖、周りダウン。


急いでトレーナー・ダウン・マフラーを取り出し装着。

気温の変化恐ろしいです。

昨日まで半袖でウロウロしてたのに・・・

夏から急に冬になりました。



「寒いなら体を動かせばいいじゃない」

ということで、4日目はザルツブルク新旧市内を歩き回ります。

まずはモーツァルテウム大学
salz2.jpg
芸術大学です。

音楽がメインかな?楽器を持った人たちがいっぱいいました。


大学近くのミラベル宮殿・庭園、ダーッ!
salz4.jpg
サウンドオブミュージックのロケ地、らしい

庭園にはたくさんの鳩が(他にもっと載せるものなかったのかよ・・・)
salz3.jpg



先ほど「モーツァルテウム大学」という名前を聞いた際に、「ん?」って思った方もいることでしょうが、

そうです。ここザルツブルクはモーツァルトの生まれ育った街です。

ということで行ってまいりました。

モーツァルトの住居に
salz5.jpg

そしてモーツァルトの生家
salz7.jpg

住居は新市街側に、生家は旧市街側にあります。


ザルツブルクの新旧市街は川で分断されていて、いくつもの橋が架かっています。

その橋の一つに何やらごてごてと色々なものが・・・・

なんだろう?近づいて見てみると・・・

salz6.jpg
あら可愛らしい(・ω・*

どうやらカップルさんたちが愛を誓う場所のようですね(・ω・*)

お幸せにな。



新市街から旧市街に移ってブラブラしていると次第に雨が強くなり・・・

ちょうど近くにあったので入ったのがここ
salz9.jpg

ザルツブルク大聖堂(ドイツ語ではDomと書かれてた)

ヨーロッパ最大級のパイプオルガンがあり、モーツァルトも走者を務めたとか。


入場は無料なんだけど、入口でおばあちゃんが献金を募ってました。

ちょっとですが募金すると、

日本語で「ありがと」って。

なんだかジーンってきました。

母国語で言われることがこんなにうれしいとは・・・

日本語以外まともにしゃべれないオレだけど、挨拶とありがとうくらいは現地の言葉で言おう。

そんな気持ちが強くなりました。



パイプオルガンどーん!
salz10.jpg

やっぱパイプオルガンってカッコイイ!

演奏してるとこ聞いてみたいなぁ。

ちなみにこの写真のは1番大きなやつじゃありません(おい


Domは地下が楽しかったです!

写真はあまり撮ってないんですが、影絵の部屋や祈りの部屋、謎の円形部屋(たぶん祈り子がいる。召喚獣いる。←FFⅩネタ)など、ワクワクする部屋がたくさん。

影絵
salz11.jpg

うひょー
salz14.jpg

他の部屋は動画で撮影したので、興味ある人は私のところに見に来てください(・ω・♪



ひとしきりDomを楽しみ外に出てみると、どうやら雨も上がった様子。

相変わらず寒いけれど雨が降ってないだけで楽しくなってきます♪


そんな浮かれた私の前にヤツが姿を現した

ヴォルデモートが・・・(ハリー・ポッターより)
salz18.jpg


更に


salz19.jpg

!!?

「待ってろよ、エレーナ。。。今助けに行くからな!!!」


ザルツブルク城を睨み付けるかのように、男が玉の上に立っていました



玉の上のおじさんは動けないようなので、代わりにわたくしめが城へ潜入することへ



ロープウェイを駆使し、潜入完了!
salz25.jpg

城内は1つの町のよう
salz27.jpg

ちゃんと大砲もあるよん
salz30.jpg

水槽
salz33.jpg

??これ水槽なの?鳥かごかと思ったんだけど・・・


ザルツブルクの町
salz35.jpg


町の様子を見ていたら、雲の割れ目から光が・・・・!
salz29.jpg

虹だー(*≧▽≦)ノシ
(変換すると真っ先に「二次」って出てくる自分のPCが憎くて可愛い)


帰りは徒歩で
salz38.jpg


旧市街で見つけた謎の顔
salz41.jpg



このとき時刻は6時くらい。

暗くなるにはまだ1時間くらいあるけど、その前にホテルに着いておきたいのでそろそろ観光は終了。


あとはホテルでゆっくり眠るだけ♪


ザルツブルクでは3泊するので、ちょっと中心地から離れたところの安いホテルを予約しました(・ω・

バスで近くまで行ってそこから徒歩


近くまで行くバスを探して乗り込み、

ずんずんと進んでいきます。

初めて乗る土地でのバスはちょっと不安です。

とくに郊外に出るやつ。

ホテル周辺の地図はグーグルさんで検索した1枚。

この地図範囲外に出たら全く分からんしね。

嫌な予感って当たるものでしてね。

バス間違えちゃったのよ。

「ちょw違うwそっち行きたくないww」

すぐに「降りますボタン」を押して降りたはいいけども。

ここどこさww

もちろん地図の範囲外。

しかも住宅街っぽくてお店もない。目印になるようなものもない。

ワロタwww

とりあえず少し戻ってみることに。


・・・

どっちから来たかわかんねぇww

オーストリアは一方通行ばかりで(つーかヨーロッパってそんな感じなのか?)

バスは曲がりに曲がって進んでました。

どこをどう曲がってきたのかわかりません。。。

「と、とりあえず地図を・・・」

・・・

・・・

!?

ない!?

落とした!?


いくら役に立たなくなったとはいえ、ホテルの場所が記された地図。

俺が地図を無くして焦らないはずがない。


再びバス停に向かってUターン

あうあう

地図、、、

誰か、、、

住宅街なのに、人っ子一人歩いてません・・・



(とりあえず地図・・・)


無事さっきのバス停に戻ると・・・・

「あった!」

地図はっけーん!

バスを降りた際、焦って落としてしまってたようです。


これで多少気持ちに余裕が。

けれど自分がどこにいるかわかりません。

とにかく誰か探しなければ。


住宅街をウロウロ。


ウロウロ。


女の子はっけーん!カワイイ!←


「す、すみません、、、迷子になってしまいました・・・ここに行きたいんですけど・・・」

「ん?・・・あーこの住所ね。Ok。いい?この道を真っ直ぐ行きなさい。そしたら学校があるから、そこを過ぎたとこで右に曲がるの。その先がこの住所の近くよ。そこまで行ったらまた誰かに聞きなさい。住所とホテル名見せたらたぶん教えてくれるわ」

「わわわわかりますた。ありがとうです」

私、英語全然しゃべれません。リスニングは少しならできます。

そんな私の様子に不安を感じたのか、

「本当に大丈夫?ちゃんと分かった?」

彼女は繰り返し確認をしてくれました。

年下の美少女に心配されるダメな24歳。

このシチュ・・・萌える!



そして彼女の指示に従い学校を通り過ぎ、

次の通行人を発見。


「すみません。この住所のホテルに行きたいんですけど・・・」

「○▽×・・・」

あ、ドイツ語だ。

(マズイなぁ)

そう思ったのですが、相手も俺がドイツ語分からないと分かったようで

ボディランゲージで教えてくれました。

「まっすぐ!曲がる!まっすぐ!」

おれも真似して

「まっすぐ!曲がる!まっすぐ!」


言葉が通じないのに一生懸命教えてくれたおじさん。

なんだかポカポカするよ(;ω;)

オーストリアイイ人ばっかやぁ。


おじさんの教えてくれた通りに進むと、

ついにホテルの住所の近くに!!



そこから先はホテルの番地を目指してただ直進。


日本の住所より分かりやすくて助かりました♪

○○通り××番地

って表記だから、その通りを歩いていけば見つかります♪

それに綺麗に番号順に並んでたので、

「あ、もうすぐ着くんだ!」

ってわかるし(・ω・




そしてついに・・・

ホテルについたー!!!

気付いたらあたりはすっかり暗くなってました。


無事チェックインし、ゆっくり休もう。




そう思って自分の部屋に行ったはいいのですが、

ドアがあきません。

!?!?

なんで!?

あかへん!?



しばらく頑張ってみたものの一向に開く気配のない扉。

神よ、まだ私は休めないのですか?

仕方ないのでフロントに助けを求めようかと思ったそのとき、エレベーターからおばちゃんが降りてきました。


「すみません!」

「ドアが開かないんですけど・・・あけてくれませんか?」

相手もお客さんだったのですが、

「ドカンッ!」


豪快にあけてくれました。

(そうか・・・力任せにやれば開くんだ・・・)


中に入ってそのままベットにダイブ
salz42.jpg

ちなみにドアを開けるときは、「引きながらカギを回して最後に押す」がベストアンサーのようでした。


~4日目終わり~

スポンサーリンク

コメント

No title

城とか聖堂の雰囲気がたまりまんな!
旅行中の飯はどうやった?その辺も気になるので...

No title

読んでて和んだww
最後まで書ききってくれ!がんばれ~!

Re: abken

日本にはない建物やし、やっぱいいよねー!
飯はだいたい露店とかで買って済ませた!
あとはマック数回、バーガーキング1回、バーに1回。
レストランは入ってないのだー(・ω・`

Re: KKG

最後まで頑張ります!!
書くの楽しいしね!
非公開コメント